理想の税理士さん

税理士の必須科目について

税理士になるために必要な税理士試験には必須科目・選択必須科目・選択科目があります。ここを見て→千代田区 相続ならこちら。

 

その中で簿記論と財務諸表論の2科目は絶対に合格しなければいけないものです。友人から聞いたのは千代田区 税理士でした。
従って、多くの受験者が毎年この2科目を受験します。こちらでお探しください東京 相続税で検索してみてください。
簿記論も財務諸表論も簿記検定で出る問題と似ているので、簿記検定を勉強した人には比較的合格しやすい科目でもあります。一般的にレベルとしては簿記2級程度と言われています。税理士についてはこちら→会社設立 千代田区がおすすめ。
簿記論は、基本的に計算問題を解きます。税額の計算は実際に税理士になったときに必要になる業務なので、完璧に出来る必要があります。財務諸表論の方は、計算問題と理論問題が半々くらいで出題されます。企業の帳簿に記録された内容は株主などへの報告書となるのですが、その際作成する財務諸表の作成が出来るかどうかとその背景にある理論が問われるわけです。この二つの科目は、税理士としての基本であり、密接な関係がある内容になっています。偶然見かけて参考になったサイト→千代田区 経営計画に問い合せてください。
学習上共通する項目も多いので両者を同時学習することで効率的な学習ができます。