理想の税理士さん

和菓子をどうしても食べたいおばあちゃん

これは私が栄養士として病院に勤めていた時の話です。
1日に何件か管理栄養士の先生のところに、有料の食事相談にくる糖尿病の患者さんがいました。頑張って食事制限をしている人もいますが、糖尿病の食事治療は生涯続くため根を上げる人もとても多いです。
その中であるおばあちゃんが「どうしても和菓子を食べたい」と先生に懇願し続けていました。糖尿病専用のお菓子もありますが、正直まずく満足できないのは当然です。しかし和菓子は洋菓子と比べてもカロリーが高くお腹も膨らまないし、到底許可できるものではありません。しかしおばあちゃんも「先も長くないのに楽しみがない」と譲りませんでした。
そこで先生が提案したのが「週に一回ひとつ食べても良い。けれどその日は一日中炭水化物を一切口にしないこと」でした。それを聞いておばあちゃんは、とても感謝していました。
先生によると、若い人には食事以外の楽しみを見つけることもできるし、長く生きるために許すことはできないが、和菓子くらいしか楽しみがない高齢者だからこそ許可したそうです。
お探しにお困りであれば福山市 糖尿病内科が助けになります。